クレジットカードの手数料を払う店側のメリットとは

最近は、クレジットカード決済を行うお店が増えてきており、利用できないお店の方が少なくなってきています。クレジットカードでの支払いができないところのほうが珍しいほどです。

しかし、クレジットカードの手数料はお店側がカード会社に支払うものなので、お店側は損をしているのではないかと考えられます。手数料を払ってまでもクレジットカード決済を導入しているのには、それなりの理由があります。

店側からすれば、手数料を支払ってでもなおクレジットカードを使えるようにすることで、購買機会が増やせます。現金でなければ買い物ができないという条件では、もしも持ち合わせがなければ、欲しいものがあっても買い物ができないことになります。

クレジットカードでの支払いが可能となると、手元に現金がなくても、その時の気分やニーズに合わせて買い物をすることができるようになります。その日の買い物の目的とは違って、気になる商品を見つけて急に購入したくなっても、クレジットカードがあればすぐに手に入れることができます。

客側にとっても満足ですし、お店側としても余分に買い物をしてくれるわけですから、現金払い以外の精算方法を設けるのは得策といえます。クレジットカード払いをするお客の多くは、大きな買い物をしてくれる確率がかなり高くなるという傾向があるのも、お店のメリットといえます。

クレジットカードの手数料を支払ってでも、店としてはプラスになることだといえるわけです。日々の買い物をする時にクレジットカードを使う人は、お金の流れがどうなっているのかや、いつ、どこで手数料が支払われているのかなどを理解しておくといいでしょう。

アメックス・ゴールドのメリットって?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です